農POフィルム
価格:139円+税~
ポリオフィレン系樹脂ベースの為、燃やしても有害ガスがでません。農ビに比べ、軽くべたつきが少ないので取り扱いが楽です。優れた透明性を維持するので長期展張でも問題なし。優れた流滴持続性は作物の病気発生防止にも役立ちます。
霧、靄の発生を抑える防霧効果も兼ね備えています。


農ビダンビーノ
価格:260円+税~
一般農ビよりも保温効果を高めた農ビです。夜間、ハウス内の熱が放射によって逃げていくのを抑えます。燃料費の節約が期待できます。透明性がよく、昼はハウス内に十分な太陽光を採り入れます。べた付きにくいので、サイドや谷部の巻上換気作業がスムーズに行えます。霧靄の発生を抑える防霧タイプです。


ヒロパイプジョイント
価格:77円+税~
ビニペットと
パイプを
クロスに
止めます。
パイプを
固定する爪が
3箇所あるため、
アーチ部分に
使用しても
強度抜群です。
本体にしぼり加工を
施しているため
強度抜群です。


ファスナーネット
価格:4,800円+税
蛾類の大型害虫や
昨今話題となって
おります
シルバーリーフ
コナジラミ等の
微小害虫まで
あらゆる
対象害虫に
対して選択可能です。
頑丈な大型ファスナーを採用し、
長期に渡り
ご利用頂けます。


ツマソー
価格:25,908円+税
開閉角度は3段階。紐を引くだけで簡単にツマ面の換気が出来ます。窓枠は、カラーツユトールで構成、主要部分はアルミとステンレス製で耐久性抜群です。本体組み立て済みのため、ジョイント金具4つで簡単に取り付けられます。カンキットシリーズと併用する事で、ハウス内の空気が緩やかに循環します。

ビニールハウス専門店日本農業システム

ビニールハウス専門店の日本農業システムです。当店ではビニールハウス用PO、ビニール、接続部材、ネット、シート、換気具、暖房具を取り揃えております。当店は宅配便で日本全国にこれらの資材をお届けしますので長い支柱、パイプの取り扱いはしておりませんのでご了承下さい。ビニールハウスとは、鋼材と合成樹脂のフィルムで外壁を被覆した農業用のハウスです。被覆材料には、農業用ポリ塩化ビニルフィルムが使われることが多い事から、ビニールハウスと呼ばれています。構造全てをフィルムで覆う場合と、降雨による農作物への影響を防ぐためにハウス上面だけを覆う場合があります。上面だけを覆う栽培方法は、雨よけ栽培と呼ばれています。ポリ塩化ビニルフィルムは保温性に優れるものの耐候性に乏しく、劣化したポリ塩化ビニルフィルムは非常に破れやすくなります。最近は耐候性に優れる農業用ポリオレフィン系フィルム(農ポリ、POフィルム)やフッ素樹脂のフィルム(硬質フィルム)が開発され、シェアを年々拡大していますが、これらを使用したハウスも便宜上ビニールハウスと呼ばれます。ビニールハウス内の湿度上昇や霧の発生を抑制する機能や、紫外線の透過を抑制する機能等、栽培用途に応じた機能を付加したフィルムも数多く開発されています。パイプは通常亜鉛などで めっきを施されており、錆の発生を抑えています。パイプの外径は規格化されています。19.1、22.2、25.4、28.6、31.8、38.1、42.7、48.6ミリメートルのものがあり、インチを基準に定められています。

ビニールハウス用POフィルム

本フィルムの原料樹脂はポリオレフィン系樹脂で、この中には農ポリ原料である低密度ポリエチレン(LDPE)や農サクビ原料であるエチレン酢酸ビニル共重合樹脂(EVA)も含まれています。農業用POフィルムはポリオレフィン系樹脂を原料樹脂として、各種添加剤を配合し、フィルムを多層構造化することで、幅広い品質レベルを付与するように、特殊化した新しい範疇のフィルムです。ポリオレフィン系樹脂を素材とし、耐久性、保温性、光線選択性、防曇性、および防霧性などの複数の機能を備えたことを特徴とする農業用フィルムです。安価で機械特性に優れるために構造材料として幅広い分野で使用されています。
販売商品一覧はこちらから

農業用ビニール

ポリ塩化ビニル、塩化ビニル樹脂とは一般的な合成樹脂(プラスチック)のひとつで、塩化ビニルを重合したものであり、塩化ビニール、塩ビ、ビニールなどと呼ばれます。ポリ塩化ビニルフィルムは保温性に優れるものの耐候性に乏しく、劣化したポリ塩化ビニルフィルムは非常に脆く破れやすくなります。環境に配慮した農ビは、野菜、果樹、花の栽培を効率的に行うため、施設園芸の被覆材として使用されております。野菜などの生産促進、安定生産に欠かせない資材となっております。野菜などを寒さや暑さから守る「保温性」や「耐候性」、「防曇性」等の機能が要求されます。農ビは、塩化ビニル樹脂(PVC)製のフィルムで、保温特性に優れるため日本の施設園芸の多くで使用されています。保温性や防霧性、透明性などを考慮したハウスの外張り・内張りタイプがあり、開閉時の作業性も重視されています。内張りは0.075mm厚以下、外張りは0.1mm厚以上のものが標準的に使用されています。外張り用としては、作業性や保温性、無滴性などに優れ、内張り用としては、透明性に優れ、良好な開閉作業性を発揮する物があります。農ビとしては、耐久性や防塵性を重視した破れにくい外張り用の防塵タイプやべたつきにくいといった作業性を重視した保温性に非常に優れるトンネル栽培用などもあります。販売商品一覧はこちらから

ハウス接続部材

パイプ接続継手はパイプ同士を接続させます。溶接などにより直接接続されることは少ないので、組み立て、分解は簡単にできます。最も簡易な構造のものでは、湾曲させたパイプを互いに向かい合わせ、一端を地面に刺して、もう一端を継手で連結し、アーチをかたどります。このアーチを奥行き方向に延長したものが基本的な骨組みとなり、必要に応じて筋交いなどの補強を行います。パッカー等のプラスチック製器具や金属製の専用器具によって被覆フィルム(POフィルム、農ビ)を、一度天井部全面に展張した後、パイプの各部分に押し付ける形で固定します。

販売商品一覧はこちらから

ネットシート

防虫ネットは、目合いの細かさによって侵入を防ぐことのできる害虫が異なります。 目合いが細かければ細かいほど、侵入を防ぐことのできる害虫の種類は増えますが、その反面、通気性や透光率が悪くなりがちです。ビニールハウス内に侵入する害虫を抑えることで、殺虫剤の散布を減らすことに繋がり、生産管理の省力化、コストの削減にも貢献します。日照を抑える為、遮光ネットを設置する場合もあります。遮光ネットは日差しの強い時期に植物、作物、樹木を守ります。遮光ネットは耐久力があり目ずれせず、軽く、吸水性がなく取り扱いが簡単です。
販売商品一覧はこちらから

換気暖房

効率的に太陽の熱を集め、また外気と遮断されることにより一定の温度を保つことができるが、農作物の生育に必要な温度が確保できない場合は、保温・加温を行うため、暖房設備を併設します。逆にビニールハウス内の温度が上がり過ぎる事を防ぐため、換気窓や大型ファンを設置して換気を行います。換気にはビニールハウス側面の被覆を開閉することも有効であるが、人による開閉労力を軽減するため、被覆を巻き取る道具も開発されています。光合成に必要な二酸化炭素の欠乏を防ぐため、換気のほかに二酸化炭素ガスを導入する事もあります。これは生育促進の目的で行われる場合もあります。ビニールハウス内を囲む事で保温効果を発揮して冬場の暖房効率をアップさせます。また、ビニールハウス内では雨による水分補給はできないので、潅水設備が必要です。

販売商品一覧はこちらから